マンション経営の基礎知識

今マンション経営が人気の理由

老後の収入源や生命保険の代替手段、相続税対策などマンション経営を始める人が増えています。
ここではどんなメリットがあるのかを見ていきます。

img-129-1

老後の収入源としてのマンション経営

現代は超少子高齢化の社会と言われており、そのため高齢者を支える労働者層が非常に少なくなっています。そのために近い将来、国の年金制度が破綻することも懸念されています。こうしたことを踏まえて老後を安泰に暮らすために、マンション経営がいま注目されています。マンション経営では毎月家賃収入が得られ、安定収入が見込めます。ただこれは空室がなく、常に部屋が稼動しているのが大前提です。そのためマンション経営においては良い投資物件を見極め、堅実なマンション経営をすることが大事なポイントです。例えば大阪や東京などの都市圏で、駅が近くにあり、かつ商業施設が充実している物件などです。そのためにも経営コンサルティングができるマンション管理会社などの利用が望ましいと言えます。

生命保険の代替手段としてのマンション経営

マンション経営は生命保険の代替手段にもなり、最近非常に注目を集めています。投資物件のマンションを購入する際には必ずローンを組み、そして団体信用生命保険に加入します。万が一、オーナーが亡くなったとしてもローンの残債が遺族に残ることはありません。遺族にはそのマンション物件と、毎月の家賃収入が入ってくることになります。つまりマンション経営は残された家族への愛情表現とも言えるでしょう。また生命保険の積み立て型年金などよりも、マンション収益の方がはるかに高額になる可能性も高く、定年退職後にマンション経営を考える人も少なくありません。しかし、ローンを組み投資物件を購入している場合は、滞りなく部屋が稼動していないと残債が減らず、赤字経営になってしまうので注意が必要です。

相続税対策としての不動産投資

老後、相続税対策としてマンション経営を考え始める人も少なくありません。とくに都市圏で人気のエリアのワンルームマンションの経営は非常に有効な相続税対策と言えます。大きな物件を一つ買うと、相続する際に家族がもめる原因になりますが、ワンルームマンションであると資産をそれぞれに分割しやすいメリットがあります。また都市圏のワンルームマンションは売買が容易く、現金化しやすいと言われています。相続税は相続した10ヶ月以内に現金で納める必要があり、現金化しやすい物件の相続は遺族にとってありがたいものとなります。また相続する税金は物件価格の三分の一の評価額となるため、東京や大阪といった地域のワンルームマンションは節税対策にもオススメです。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる