マンション経営の基礎知識

マンション経営にはリスクもあることを忘れずに

マンション経営にはどんなリスクがあるのでしょうか?
ここではよくあるリスクを紹介し、その対策を考えます。

img-130-1

入居者不在のリスク

入居者不在で空室が長く続くと、マンション経営の家賃収入が減少し、結果として不安定な経営状態に陥るリスクが発生します。
また長期外出などで入居者が不在になると、監視や管理を行う人がその場を離れることになり、火災や不法侵入などへの対応が遅れてしまいます。
マンション経営を行う物件によっては管理者を配置する場合がありますが、人件費の負担は避けられず、その分が家賃に上乗せされることになります。
また一般的な物件におけるマンション経営では、入居者に共用スペースの状態の維持や地震や火災などへの対応が求められ、経営者は定期的な現場のチェックやクレームに応じて対応する事が求められます。
昼間は入居者不在が多くなり、この時間帯は空き巣被害や盗難を含め事件発生のリスクが増加する状態と考えられます。

家賃滞納のリスク

家賃の滞納が発生すると、マンション経営の収支計画に影響をおよぼし、老朽化や修繕への対応が遅れたり、入居者が求める要求に応える事が難しくなります。
マンション経営では余裕を持たせた計画を行い、多少の滞納を想定して家賃が設定されますが、多数の入居者の支払いが滞れば管理者側では対応できなくなってしまいます。
こうした場合は第三者に滞納の解決や家賃の催促を依頼する必要があり、その依頼費用によってマンション経営者の負担が増えます。
自力で支払いを求めるか、解決を請負う業者に依頼するかはケースによってさまざまですが、どちらの場合にしても健全なマンション経営のためには時間や労力、資金が必要となります。
管理を企業や業者に一任する場合、状況に応じて費用がかかる場合もありますが、安定したマンション経営ができることや、自力の場合にかかる手間を考慮すると十分に有効的な負担と判断できるでしょう。

災害発生のリスク

安定した経営のために重要なのは、「損害保険」に加入しておくことです。「損害保険」とは予期せぬリスクによって生じた損害額に応じて特定の保険金が支払われる保険です。「損害保険」にはいくつもの種類がありますが、マンション経営をするうえで欠かせないものが「火災保険」と「地震保険」です。「火災保険」は火災やその他の災害によって家財や建物に損害が発生した場合にそれを保障してくれるものですが、地震がもとになっての災害の場合は対象外となるので「地震保険」への加入も欠かせません。
また、日頃から設備投資を行い、災害が起きても最悪の自体を避ける環境をつくることも重要です。いざという時に人命の救助につながるだけでなく、昨今は防災意識が高まっているので災害への対策をアピールすることで入居者の募集にも有効です。どこから手をつけるかを考え、バランス良く対処するためにも、より多くの業者に話を聞き納得した対策をとることが重要でしょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる