マンション経営の基礎知識

始める前に知っておきたいマンション経営の注意点

これからマンション経営を始めようとお考えの方が、あらかじめ押さえておきたいポイントをまとめました。

img-131-1

管理会社の選び方

資産活用の方法としてマンション経営を選ぶ方は少なくありません。マンションを建てて自らがオーナーになればマンション経営を始めることができます。そしてマンション経営を始めるにあたって管理会社を選ばなければなりません。大切なマンションの管理を任せるのですから、慎重に選ぶ必要があります。賃貸物件の管理会社には、入居者の募集から入居中の物件管理、クレーム処理、家賃の管理などトータルで任せることができます。もちろん管理を任せると毎月管理料を支払いますし、入居者を募集する時には仲介料が入りますが、管理会社次第で入居率も変わってくるので、資産活用を行う上では重要なポイントとなります。オーナーには分かりにくい賃貸物件の動向等を積極的に提案してくれる管理会社を選ぶと安心です。これまでの実績や管理している物件の状況を見ながら判断しましょう。

一括借り上げ方式のメリットとデメリット

近年、一括借り上げ方式で賃貸マンションの建築に踏み切るオーナーさんが増えています。一括借り上げ方式とは、賃貸物件を管理会社が一括で借り上げ、満室賃料から一定のお金を支払うというシステムです。オーナーは賃貸マンションを建てても空室が出るかもしれないという不安があり、空室が増えれば増える程ローンの返済も困難になるため、リスクを考えるとなかなかマンション経営に踏み切れませんね。しかし、一括借り上げ方式ならそのようなリスクを考える必要がなくなります。ただ、一括借り上げ方式にもメリットとデメリットがあります。メリットはやはり家賃が保証されるという点ですが、デメリットは家賃の値下げやリフォームを提案されることです。空室が増えれば何らかの対策を講じなければなりませんし、家賃が下がると収入が減少するので、ローン返済に影響が出る場合もあるでしょう。

中古と新築のメリットとデメリット

マンション経営を始める方法は、新しくマンションを建築するだけでなく既存の中古マンションを購入するという方法もあります。新しい物件にも古い物件にもそれぞれメリットとデメリットがあるので、資産活用を検討している方はどちらが合うかを確認してから始めましょう。新しいマンションのメリットは入居率が高いという点にあるでしょう。新築物件は新婚さんにも人気があり、新築というブランドだけでも入居者が入りやすくなっています。デメリットは価格の高さでしょう。建築費用等全てを合わせると一億円以上の資金が必要になる場合も。中古マンションの場合は比較的購入しやすい価格ですし、家賃も安く抑えられるので入居者が付きやすいというメリットがあります。デメリットは修繕にお金がかかるという点です。修繕はオーナーが行うため、あまりにも古い物件はリスクが大きくなるでしょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる