マンション経営の基礎知識

インターネットでの入居者募集のコツ

空室にならないためにも積極的にインターネットを利用して入居者を募集します。
ここではインターネットを使った募集のポイントを解説します。

img-136-1

入居者の募集方法

資産運用には様々な方法がありますが、安定した収入を目指す方法として話題になっているのがマンション経営です。マンションを購入して経営することで家賃収入を得ることができます。マンション経営が初めての方は何かと不安に感じることがありますが、マンション経営のプロである不動産会社や管理会社と契約すれば専門的な知識を持たなくても経営することは可能です。常に高い入居率を維持すればマンション経営は成功と言えます。入居者募集にはいくつかの方法がありますが、不動産会社や管理会社によって入居者の募集方法に若干の違いがあるでしょう。インターネットを活用するだけでなく、不動産情報誌に掲載することもあります。チラシを作成して配布することもありますし看板を立てるといった募集方法もあります。評判の良い会社を選ぶことがポイントです。

インターネットでの入居者募集の方法

入居者募集の際に一番重視したいのがインターネットです。一昔前までは情報誌を見ながら物件探しを行う方法が主流でしたが、現在では誰もがインターネットを使って物件探しを行っているでしょう。利用者側から見ればインターネットの画面を見るだけで、文字情報以外に画像を確認できるというメリットがあります。家賃や駐車場使用料、管理費といった情報も大切ですが、マンションの外観や室内写真が決め手となることが多いのです。画像を見ただけで借りる候補となる物件かどうかが判断できますし、間取り図も確認しながら物件選びができます。インターネットで入居者募集を行う時は、不動産会社のホームページに掲載するだけでなくポータルサイトにも掲載した方が多くの人の目に留まります。多くの方がポータルサイトを利用するので、不動産を選ぶ時はどのサイトに掲載するかを確認しておくことをお勧めします。

インターネットでの募集のポイント

経営しているマンションが空室になった場合は、新しい入居者を募集しなければなりません。管理会社の方で退去後のメンテナンスを行った後にインターネット掲載用の画像を撮影することになりますが、入居者を募集する際のポイントは画像の撮り方にもあるので注意が必要です。退去した後にはハウスクリーニングは入ったり修繕する業者が入ることがありますが、全ての作業が終わってからキレイな状態になってから撮影しなければなりません。天気が悪い日や夕方以降に撮影すると薄暗い印象に写ってしまう可能性があります。日中は日当たりが良くて明るい部屋なら、条件が一番良い状態で撮影することがポイントです。もちろん間取り図も正確に作成してもらい掲載する必要があります。空室が数カ月も続くようであれば付加価値を付けることも重要になってきます。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる