マンション経営の基礎知識

賃貸経営大家さんの義務、建物の維持管理・保全について

大家さんは建物自体の管理をする必要があります。
ここでは維持管理でなにをしなければならないか解説しています。

img-137-1

入居者が決まったら大家としてやるべきこと

マンション経営を素人だけで行うのはなかなか難しいのが現状です。。大家として借主との間に宅地借用契約書を交わし、然るべき代理人を介して家賃の支払い方法や入居日、家賃滞納時の取り決めに至るまで、細部に亘り決めておかなければならない事があります。大家としての責任として、入居者には綺麗に掃除の行き届いた状態で部屋を貸す義務が発生します。玄関の鍵の付け替えは当然の事です。つまり、直ぐに生活をスタート出来る状態にするという必要があります。
他にもトラブル防止のため、入居前に一緒に家の中の状態を細かくチェックしておく事も必要です。
退去時に傷を付けた、汚れた、壊れたといった修繕費を誰が負担するかで揉める事のないようにする為です。
つまり、個人でマンション経営を行うのは非常に難しいといえます。
入居者全員と面接して入居の判断をするのは難しく、最初から最後まで面倒を見るのは限界があります。
信頼出来る不動産屋に一任するのも決して損ではありません。

大家としての業務内容

マンション経営は利益を出す事だけではありません。
借家人が安心して住める環境を整えるのも大家の仕事です。
ゴミ出しの方法を周知し徹底させ、近隣の住民へ迷惑を掛けないのも大家の責任です。
本来、借家人の責任なのですが、マナー違反やルールを守らない人の後始末をするのは大家です。
外壁が壊れたり、共同スペースの電球が切れたりした際の保全メンテナンスは居住者ではありません。
あくまで建物の維持管理はマンション経営をする業者なり大家が責任を持つ事になります。
建物の大きさが大きくなればなる程、管理経営する方の負担も増えるという訳です。
土地があればお金が入る、そんな単純な事ではありません。
宅地建物取引主任という資格を有していないと、土地の売買に携わる事は出来ません。
賃貸と売買では全く意味合いが異なる点も理解しておきましょう。

建物をキレイに維持することが大切

先に述べた入居者のゴミの出し方にも通じますが、建物の中だけでなく、管理する建物の周辺の美化にも気を配る事が大切です。あくまで、土地と建物は大家の持ち物です。
入居者は間借りしているに過ぎません。
家の中を綺麗に掃除しても、共同スペースや建物周辺の管理まで気を配る入居者は限られます。
特に単身向け物件を扱うと、維持管理の負担が増える傾向にあります。
モラルに反した入居者は別として、ルールを守って生活している住民の安心した暮らしを提供するのがマンション経営の基本と言えます。
ゴミのポイ捨てなどのない、キレイな建物を維持する事が入居者への義務でもあり、気遣いでもあります。
毎月高い家賃を払って住む入居者にクレームを言われないよう、耐震工事も含め建物の保全、メンテナンスを徹底しましょう。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる