マンション経営のメリット・デメリット

マンション経営の基礎

メリット・デメリットを理解するために、マンション経営の基礎知識をまとめました。
仕組みを理解し、マンション経営の魅力とリスクを知ります。

img-140-1

マンション経営の仕組み

現在では一般的なサラリーマンであってもマンション経営を行う方が増加しています。その背景には投資に興味を持っている方が増えていることを挙げることができ、その結果として不動産投資を希望する方が増えていることになります。マンション経営に関しては一般的には住宅ローンを組んで物件を購入することが必要になり、入居者を確保することによって家賃収入を得ることを指しています。最初の段階ではマイナス収支になる可能性がありますが、返済額に関しては得ることのできる家賃を返済に充てることもできるために、一般的な買い物とは大きく異なる一面を持っています。管理会社を必要とする場面もあり、一般的には経費などを除いた部分が収入として振り込まれる仕組みを持っています。

マンション経営の魅力とは

マンション経営については魅力を持っているものとして利用されており、最初の段階では1室を購入するスタイルの方が多い傾向にありますが、ローンなどを完済された方の場合では、複数の物件を所有することも珍しいことではありません。物件を増やすことによって、家賃収入を大きくすることも可能とされており、状態によってはいわゆる不労所得を得ることも不可能とは言い切れない部分があります。不動産投資方法としては比較的安定している内容を持っており、マンションの場合では大きく資産価値が下がらないことも魅力になります。その結果といして逆に売却しやすい物件でもあり、活用方法に関しては売却した利益によって、さらに異なる新しい物件を得る方法も用意されていることも魅力とされています。

マンション経営のリスク

マンション経営を行う上ではリスク管理をしっかりと行うことが大切になります。購入費用についても無理のないように設定することが必要になり、この点に関しては購入当初の家賃設定も重要になります。大きなリスクに関しては空室対策を挙げることもできます。せっかく購入した物件であっても入居者がいなければ利益を生み出すことができません。その対策としては良質な管理会社を選ぶことが良い方法になり、入居者確保のためのノウハウを持っていることが前提になります。また、一定の年数が経過してしまったならば、物件の経年劣化というものが発生することになります。リフォームやリノベーションによって解決することができますが、その際にはまとまったお金を必要とすることになるために、物件の購入当初から将来を見据えることも大切になります。普段の生活上でのトラブルに関しては通常では依頼をしている管理会社が対応するために、オーナー側は不具合を任せることができます。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる