マンション経営のメリット・デメリット

金銭面から考える、マンション経営のメリット・デメリット

マンション経営を行うと様々なメリット・デメリットがあります。
ここでは金銭面から見るメリット・デメリットを解説します。

img-143-1

リスクの少ない資産運用が可能

リスクの少ない資産運用と言えば定期預金とか債券になりますが、そのどちらも低金利だから、投資をしてもほとんど資産が増えません。それで他にリスクの少ない運用と言えば不動産投資です。不動産投資がリスクが少ない理由ですが、この不景気の中でも家賃があまり下がりません。だから不動産投資のマンション経営なら安定的な家賃収入が入ってきます。そして売却を目的としない賃貸での運用でしたら、不動産の価格変動は全く気にする必要は無いです。不動産価格が値下がりしても売る必要は無いから関係ないです。それに不動産投資は利回りが高いから、賃貸を10年も続ければ購入した不動産の元を取れてしまいます。だから簡単に投資金額を回収出来るから、リスクの少ない資産運用が可能になります。

分散投資でペイオフ対策に

銀行に預けていても金利は少ないし、銀行が潰れた場合はペイオフで一千万円しか戻って来ません。それでペイオフ対策として、定期預金以外で運用するしかないです。そして資産運用としてリスクを抑える為に投資先を分散する分散投資をすべきです。そこで分散投資の一環でマンション経営をするべきです。マンション経営のメリットとして、安定的に現金収入が入ってきます。株とかの資産運用は現金を得るには投資した物を売却しなければならず、売却をした場合はそれで資産運用が終わります。運用が終わればもう収益を得ることが出来なくなっていしまいます。だから投資を継続しながら現金収入が有るマンション経営を分散投資で選択する必要が有ります。

金利上昇のリスク

マンション経営は物件を買う時は銀行のローンを使うことが出来ますから、全額自己資金で無くても始めることが出来ます。しかし銀行のローンを使うと毎月返済をしなければならないです。それで返済金額を無理のないレベルにして返済期間を長くしてじっくり返済をしていくといいです。ただ返済中に金利上昇が有ると、ローンの金利も上がります。金利が上がると変動金利型で借りていると毎月の返済額が上がってしまいます。そして返済が出来なくなれば、マンションに抵当権が付いていますから、抵当権を行使されてマンションを失うことになります。金利はいつ上昇するか分かりません。ただこの超低金利がいつまでも続くとは思えませんから、いつかは金利が上がるでしょう。だから金利が上がる前にマンション経営を始めるといいです。早く始めておけば返済が進んでいますから、金利が上昇してもリスクは小さくなっています。その上金利が上がってから始めるよりはお得になります。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる