マンション経営のメリット・デメリット

サラリーマン投資家がマンション経営を選ぶ理由

マンション経営を始めるサラリーマンが増えています。
サラリーマンにとってマンション経営が適していると言われている理由はどこにあるのでしょうか?

img-196-1

サラリーマン投資家に最適なマンション経営

リーマンショックに端を発する世界経済危機を経験した人なら、その後の不景気に見舞われたことはまだまだ記憶に新しいことではないでしょうか。サラリーマンは会社から給料をもらいますから、自分の努力だけで不景気を乗り切ることは出来ません。どれだけがんばっても会社の業績が悪くなると給料やボーナスが減額になったり、あるいは最悪の場合には解雇されたりすることもあります。このようなことになったとしても別の収入があると安心でしょう。マンション経営がサラリーマンに最適だと言われる理由は、本業以外にも別の収入を確保できるからです。リーマンショックの時には破綻した一流企業もありますが、そのときでさえマンション経営による賃料収入にはほとんど変化がなかったのです。日本の経済はかつてのようにずっと安心できるような状態ではありませんから、安定した副収入を確保することも必要だと考えられます。

マンション経営が適している理由

サラリーマンにとってマンション経営が適している理由は、会社勤めとの両立が出来るからです。マンション経営を行うためには労力をかけなければなりませんが、会社に勤めるように平日に昼間はずっと拘束されるといったものではありません。最初に物件を取得するときには多くの労力を必要としますし、時間もとられますが、その後は管理会社に任せておくことが出来ます。定期的に経営戦略を練り直したり、あるいは情報を集めたりすることは必要ですが、それらは働きながらでも出来ます。良い管理会社に任せることが出来れば、ほとんど何もすることなく賃料収入だけが振り込まれるという生活を送れますから、本業でばりばり働きながら資産形成を続けていくこともできるでしょう。このような理由からサラリーマンには適していると考えられます。

サラリーマン投資家に向かない資産運用

サラリーマンに向かない資産運用の代表例が株式の短期売買です。株式の売買は平日の午前9時から午後3時の、証券取引所が開いている時間帯に行われます。ですから、この時間帯にパソコンの画面に向かっていることが必要とされます。株式投資以外にもFXや先物取引などがあります。これらは時間外でも取引が出来ますから、仕事を終えてから取引することも可能ですが、毎日相場を見ることが求められますから、かなりの労力を費やさなければなりません。このようなことを続けていると本業に差し障りが出てくるでしょう。ですから、株式やFX、先物取引などで短期売買による利益を求める資産運用方法は、本業を持っているサラリーマンには向かないと考えられます。どちらかというと長期的に保有してコンスタントに収入を得られるマンション経営の方が向いています。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる