マンション経営のリスクとその対策

マンション経営にかかる金銭面のリスクについて

マンション経営にはさまざまなリスクが伴います。
ここでは主に金銭面でのリスクとして、マンション購入や運用にかかる経費について解説し、リスク対策を考えます。

img-152-1

マンション購入にかかる経費について

マンション経営を始める時はマンションを購入する為の資金を用意して、良い物件が有ればそれを買ってマンション経営を始めます。それでマンションを購入する時は物件の代金以外にいろいろ経費がかかってきます。まず不動産屋に払う仲介手数料、そしてマンションの名義を書き換える為に登記費用として司法書士に払います。それでマンションを取得になれば、登録免許税や不動産所得税や印紙税も費用になります。さらにマンションを買うのに銀行から融資を受けると、融資手数料やマンションに抵当権を付ける費用、火災保険、ローン保証料なども経費として払わなければならないです。そして中古マンションの場合はリフォームの費用も必要になってきます。

節税と減価償却について

マンション経営のメリットとして節税が使えます。節税の仕方ですが、マンションを賃貸で貸して家賃収入を得ます。そしてマンション運用の経費を引いた残りの所得からさらにマンションの減価償却費を引きます。マンションの価値が時間とともに減損していきますから、その損失分を所得から引いて償却します。減価償却費は毎月一定の割合でマンションの購入価格分まで引き続けることが出来ます。減価償却費を引いて赤字になると、それを給与所得と合算して、所得を減らすことが出来るので、支払う税金を減らすことが出来ます。マンション経営は赤字ですが償却が終わると投資分の元を取ったことになりますから、実際は損をしていませんし、後は家賃収入がそのまま利益になります。

マンション運用にかかる経費について

マンション経営はマンション運用の維持や管理の費用も必要になってきます。その費用としては保有しているだけで固定資産税や都市計画税を払わなければならないです。そしてマンションが古くなってくると修繕費が必要になってきます。そして賃貸建物を管理してくれてる管理会社に管理費用や修繕積立金を払わなければならないです。修繕積立金はマンションの部屋では無く建物全体の修繕費用に使われます。マンションを購入する時にローンを活用した場合はローンの金利も費用になります。マンション経営は入居者が居ないと始まらないので不動産屋に入居者集めの依頼をして、入居者が入ることになれば、仲介手数料を不動産屋に払います。そして家賃などの集金を管理会社に代行してもらう場合は、管理費用を払う必要が出て来ます。最後に税務申告を税理士に依頼する場合は税理士に報酬を払う必要が有ります。マンション経営はこうやっていろいろ費用がかかりますから、それらをすべて計算してマンション経営をしていかなければならないです。

  • 次へ
  • 次へ
  • もどる
  • 結果を見る
  • もどる