賃貸管理の基礎知識

サブリース,家賃保証とは

img-6-1

サブリース(一括借上)とは

サブリース契約とは、管理会社がオーナーのアパート・マンションの全戸または一部を借り上げ、転貸する仕組みのことを指します。
オーナーにとって賃貸人は管理会社となります。
多くの場合、サブリース契約の場合、物件の管理・保守から賃料の集金、入居者からのクレーム対応まですべて管理会社が行いますので、副業としてアパート経営、マンション経営を行うオーナーに適しています。

家賃保証(空室保障)サブリース契約は、収入の安定性が魅力

賃貸アパート・マンション経営には、空室などが発生して賃料を受け取れないというリスクがあります。
サブリース契約であれば、オーナーは空室の有無にかかわらず管理会社から一定の賃料が受け取れますので、収入が安定し、借入金の返済計画が立てやすくなることが最大のメリットです。

サブリース契約のメリット

  • ・不動産管理会社に対して賃貸をするため、通常発生する入居者とのやり取り(賃料の交渉や賃料の回収など)をする必要がありません。
  • ・賃借人が不動産管理会社1社のみとなるため、確定申告の手間が省けます。
  • ・トラブルにより入居者から訴訟を起こされた場合なども、契約者が不動産管理会社となるため、オーナーが対象となることがありません。

賃貸管理会社を探すには?

賃貸経営で成功するためには優秀な不動産管理会社を探すことが大切です。
賃貸経営ナビゲーションの姉妹サイト「イエカレ不動産管理」で厳選された管理会社の資料を一括で請求することができます。不動産管理会社を探している方はぜいご利用してみてください。

イエカレ不動産管理

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集