賃貸管理の基礎知識

持ち家を貸すリスク

持ち家を賃貸物件として他人に貸し出すことを「リロケーション」といいます。リロケーションには様々なメリットがありますが、持ち家を貸すことにはリスクもあるのです。

img-182-1

家賃収入ゼロのリスク

持ち家を賃貸物件として他人に貸し出すことを「リロケーション」といいます。リロケーションには様々なメリットがありますが、持ち家を貸すことにはリスクもあるのです。
まず挙げられるのが家賃収入がゼロとなるリスクです。多くの場合、海外赴任や国内転勤によって自宅を離れる必要性に迫られて持ち家を貸すことが多いですが、賃貸物件として貸し出すことを決めても入居者が居なければ家賃収入を得ることが出来ません。そのため、誰も住まない家なのに固定資産税などを支払い住宅ローンを返済しなければならないのです。
また、入居者が決まっても家賃の支払いが行われないリスクもあります。特に個人でリロケーションを行う場合は注意が必要です。リロケーション会社と契約すれば、家賃保証などのサービスが受けられるのでリスクを無くすことが可能です。

建物や設備が劣化・故障するリスク

持ち家を貸すと言うことは、家族や親族ではない全くの他人が住むということです。
人となりが分からない人が生活するため、住宅の設備をどのように扱うかが分からず、入居者によっては雑な扱いをしてしまい劣化したり故障するリスクがあるのです。住宅の設備には洗面台やキッチンといった定期的なメンテナンスが必要となる箇所があります。リロケーションでは一般的に2年程度の契約期間が締結されますが、2年間全くメンテナンスをしなければ、設備の劣化は避けられません。そのため、海外赴任などを終えて自宅に帰ってきても、修理しなければ元の生活が出来ないという可能性があるのです。
集合住宅であれば管理組合が一括して設備の修理や補修を行ってくれる場合もありますが、戸建ての場合は特に注意が必要となります。

家賃の設定額が減少するリスク

持ち家をリロケーション物件として貸し出す理由は、空き家となる家を貸すことで家賃収入を得るということである場合がほとんどです。しかし、リロケーション物件は家賃の設定額が減少するリスクもあるのです。 一般的に、リロケーションは分譲住宅を海外赴任や国内転勤によって数年だけ貸し出します。そのため、賃貸借契約は借り主の意志のみによって契約更新が可能な普通借家契約ではなく、双方の合意がなければ契約が更新できない定期借家契約を締結します。借り主の意志によって契約を更新されてしまっては、転勤などが終了したときに自宅に帰ることが出来ないためです。 こういった契約により、賃貸用の物件よりも借り主に不利な契約になるため家賃の設定額を下げなければ入居希望者が現れない可能性が高いのです。

リロケーション会社を探すには?

安心して家を貸すためには優秀な不動産管理会社を探すことが大切です。
賃貸経営ナビゲーションの姉妹サイト「イエカレリロケーション」で厳選されたリロケーション会社の資料を一括で請求することができます。リロケーション会社を探している方はぜいご利用してみてください。

イエカレリロケーション

協力企業インタビュー

  • 東京セキスイハイムインタビュー
  • 大東建託インタビュー
  • 旭化成ホームズインタビュー
  • 株式会社MDIインタビュー
  • スカイコート株式会社インタビュー
  • 株式会社セレコーポレーションインタビュー
  • 土地活用に関する用語集